ハサミで切って使うだけ、簡単エコな活用法

この記事をシェアする

ブランド物でなくても買い取り可能

リサイクルショップで高値で買い取ってもらえるものは、やはりブランド品ですが、そうでなくても状態が悪くなければ意外に高値で買い取ってもらえる場合もあります。
例えば季節に合った洋服は、今すぐ着られるものなので、時季外れの洋服よりも高値で買い取ってもらえます。あとはやはり色あせの少ない良い状態であることも重要なポイントです。セーターなど毛玉がついているものは家で出来るだけ毛玉処理をしてから持っていかれることをお勧めします。それだけで値段が変わるかどうかは別として、自分がお客だったら着たいと思えるようなものを持って行った方が良いと思うのです。あまり毛玉だらけの洋服を店員さんに見られるのも恥ずかしいですし、最低限の準備はしていった方が良いと思います。

スマホを活用して洋服を売る

最近は、わざわざお店に持っていかなくてもスマホ一つで何でも出来てしまう時代です。
ヤフオクやメルカリなど、スマホで売りたい洋服を撮影し、自分の住所や個人情報を登録すれば、あとはそれを見て、欲しいという人が現れるのを待つだけです。ちなみに住所を知られたくない場合でも対応できるアプリもあるので安心してください。普段からこういったアプリを活用している方なら登録手順も簡単だと思うので、試してみる価値はあると思います。近くにリサイクルショップがない方や、車がなくて売りに行くのも大変、という方はこういったアプリを利用されると便利ではないかと思います。
この際の注意点は、やはり写真の撮り方です。光の加減で服の見え方は変わってくるので、一番良い状態に見えるように写真を撮ってください。